ホーム > 美容 > 漢方で髪を染める

漢方で髪を染める




先日新しく美容院を見つけた
津田沼で髪を切るならここ
行ってきました。

そこで新しいメニューを発見しました。

カラーリングをする際、

よくある悩みとして

地肌がしみる・カラーした後の髪の臭いが気になる

何回もヘアカラーをしてて

髪の痛みやハリコシがなくなってきた。。。

という悩みを解決してくれる

【和漢カラー】というものです。

内容は

東洋漢方をベースに作られているため、

オーガニック思考の方に利用者が多いようです。

和漢カラーで繰り返し染めていくと

ハリ・コシ・ツヤが生まれ、

繰り返し行うことで髪に弾力が出てきるようです。


ファッションカラー(通常のカラー剤)と違いは

水で割るため100%ノーダメージということです。

これから10年先もずっと健康で

ハリコシのある髪でいるために、

頭皮や髪の毛に負担のかからないカラーで

染めていきたいと思いました。


関連記事

  1. 減量に必要な基礎代謝

    体に筋肉をつけて、基礎代謝を高くしておけば、食事から得るカロリーの量が多くなって...

  2. 漢方で髪を染める

    先日新しく美容院を見つけた津田沼で髪を切るならここ行ってきました。そこで新しいメ...